Lilac Bossa Times

鹿児島で活動するBossa/Jazzバンド[Lilac Bossa 5]の情報ページです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2006.11.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-

2006.12.17 [shotbar NOBBY]

2006.11.15 Wednesday 11:08


クリスマスシーズン。今年2月以来久々となる[shotbar NOBBY]での演奏です。クリスマスソングもたくさん演奏しますので、是非お越しください。

開場 18:30
1st  19:00
2nd  20:00

前売り 1,500円
当日券 1,800円

お問い合わせ
shotbar NOBBY 099-250-7255
ライブ情報
comments(7)
trackbacks(138)

2006.11.3 [in Porto Casa]

2006.11.07 Tuesday 14:14
おはら祭りで盛り上がる11月3日。
BossaNovaが心地よく響く、秋の夜。
おはら節をサンバで、しかも鼻母音で歌うという前代未聞のチューンも炸裂しました。

2006.9.24 in Porto Casa
夏の喧騒も静まり、秋の気配も日ごとに感じられるようになりました。
まだ夏のなごりも感じつつ、秋の夜を
ボサノバで楽しみましょう!
Porto Casa Autumn Bossa Live!!!
2006.9.24 (SUN)
1st 19:00〜 2nd 20:00〜
お問い合わせ
地中海料理ポルトカーサ
099-221-5885

ライブ・レポート
comments(0)
trackbacks(0)

2006.7.29 [in Porto Casa]

2006.07.30 Sunday 02:38

今回で2度目となるPorto Casaでのライブ。
晴天にも恵まれ初の屋外デッキでの演奏になりました。
開演時間の19:15はまだ明るく海や夕空が映え、デッキには心地良い風が吹いていました。
今までと違い、今回は1stステージにスロー系、バラード系の曲、2ndステージにアップテンポな曲、サンバを持ってきました。
1stステージの時間帯はまだ昼間の喧騒の余韻に浸り、心地良い雰囲気の中で観客にクールダウンしてもらい、2ndステージではアルコールも入ってリラックスしてきたところで一気に盛り上がろう、という狙いです。
その企みは大成功、2ndステージはサンバが炸裂、ついでに海では花火も炸裂、Lilacも暴走気味なほど盛り上がりました!
あるお客(女性)は「つい踊ってしまいそうになりました」とのことでした。
(遠慮なさらず踊ってください!)
ベーシスト松屋氏の加入もあり、今までのLilacよりノリが格段にアップ!
Lilacは新たな境地へ!
今回もお世話になりましたPorto Casaのスタッフの皆様、ありがとうございました。
そして一緒に盛り上がって下さった多勢のお客様、ほんとにありがとうございました。
我々もとても楽しい時間を過ごすことができました。
これからもよりパワーアップした演奏をお届け致します。

次回のPorto Casa出演はまだ夏の香りが残る9月24日(日)、再びデッキでのライブです。
そして先の話になりますが、12月24日(日)クリスマスイヴの日に出演が決定。
Lilacのクリスマス・キャロルは一味違います!
今後もよろしくお願いします。

setlist
1st
1: Catavento
2: Wave
3: Ribbon in the Sky
4: Dindi
5: Aguas De Marco
6: Cute
7: Samba De Verao
8: Desafinado

encore:
Chega De Saudade
2nd
1: The Theme of Porto Casa
2: Mas Que Nada
3: Palpite Infeliz
4: Corcovado
5: Why Do Fools Fall In Love
6: Brazil
7: So Danco Samba

encore:
Tristeza


ライブ・レポート
comments(2)
trackbacks(1)

Shinichiro Watanabe (guitar,vo)

2005.11.10 Thursday 10:05

1975年東京都生まれ。鹿児島で育ち、シナトラ好きの祖父の影響でレコード鑑賞を覚える。12歳の時、レンタルショップで借りた Stevie Wonder のアルバムを聴き、楽器演奏を志すものの、スティービーの電子ピアノの音をギターと勘違い。間違ってギターを始める。中学、高校時代はサッカー、音楽の両立に励む。大学時代、サッカーを通じて知り合ったブラジル人 Julio Cesar にサンバを教わり、ブラジル音楽に傾倒。2004年、鹿児島に戻った後も続けていたサッカーで古傷が再発。通った整骨院でドラマー前原勝司氏と出会い、軽い気持ちでバンドを結成。現在に至る。家庭持ち。
メンバー紹介
comments(5)
trackbacks(0)

Masashi Maehara (drums)

2005.11.10 Thursday 10:04

1979年鹿児島生まれ。幼少の頃はラジカセで山口百恵をかけながら近所をウロウロしていた。その頃からカラオケが大好きで奥飛騨慕情が十八番だった。18歳でドラムを始め、最初に結成したバンド名は『ミスった! Children』、その後コミックバンドには成りたくないとバンド名を改名したが、やはり『モーニング息子』に落ち着いた。

就職して某音楽スクールに入りドラム講師の堀口 昇氏(Nobbyさん)に出会い指導を受けた。その頃から徐々にJazzにハマる。
約2年前に音楽サークル『Cocollo』を作り、たくさんの素晴らしい仲間達に出会う。
現在はCocolloや色々なバンドで知り合ったメンバーとLilacを結成。毎日楽しい日々を過ごしている。
メンバー紹介
comments(2)
trackbacks(0)

Naoko Takahashi (piano)

2005.11.10 Thursday 10:03

鹿児島出身。12歳まで札幌で育ち、のちに鹿児島へ移り住む。3歳より音楽教室や母からピアノの手ほどきを受ける。その後、さまざまな先生方の指導を受けクラシック音楽を学ぶ。
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
現在、二胡奏者・坂口真平の専属伴奏者、坂口氏が率いるJAZZニ胡カルテットのピアニストとして演奏活動をしている。また、ドラマーの前原氏に出会い、バンドに勧誘され、Lilacのピアニストとなり、ライブハウスやイベントで演奏活動中。
メンバー紹介
comments(0)
trackbacks(0)

Keisuke Nakae (saxophone)

2005.11.10 Thursday 10:02

1977年生まれ。横須賀出身、中学から鹿児島に。楽器経験は無いが二十歳の時サックスを購入。色々な人に支えられ頑張れば感動の精神で現在に至る。前原勝司氏と知り合い、2005年秋よりLilacに参加。
メンバー紹介
comments(0)
trackbacks(0)

Yusuke Matsuya (bass)

2005.11.10 Thursday 10:01

1978年、鹿児島生まれ。中学までテレビゲームに明け暮れ、将来は引きこもりになるのではないか!?という周囲の心配をよそにギターを15歳ぐらいから始める。高校の文化祭で”ベースがいないから、弾いてくれ!”という、ありきたりな理由でベーシストになる。福岡で音楽理論やバンドアンサンブルを学んでいたが、ある日空き巣にコレクションのCD千枚を盗まれ、ショックにより海外放浪の旅に・・・ 2003年、帰国するもサーフィン三昧の生活を送り音楽とは疎遠な生活を送っていたが、ある日某ライブハウスでLilacメンバーにスカウトされ2006年5月より加入。
メンバー紹介
comments(0)
trackbacks(0)

オススメアイテム

CLUB BRAZIL AIRLINES
CLUB BRAZIL AIRLINES (JUGEMレビュー »)
クラブ・ブラジル・エアラインズ

オススメアイテム

オススメアイテム

オススメアイテム

オススメアイテム

オススメアイテム

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

リンク

コンタクト

AD

サイト内検索

Search this site.
無料ブログ作成サービス JUGEM

モバイルQRコード

qrcode